この美しさをなぞりたい

林 葉月が見た世界、描き記す絵と言葉

スピプロ、本当に終了!

今年の4月から通った 本郷綜海さん主催の「スピリチュアル・プロフェッショナル養成コース」を 2週間前に修了した。 前にもそのことは軽く書いたのだけど昨夜、綜海さんが111名の参加者に対する ホールドという意識の状態から解かれた。本当の意味で終了だ…

星の配置と響きと私

星を読み、あなたの未知を開く Rebirth貴音さんの 星読みモニターセッションを受けました。 ちょうど悩んでたというか落ち込みかけていたところに声をかけていただき 素晴らしくいいタイミングで見てもらえることになりました。 生年月日から読み解いてもら…

グラウンディングコーチ♡モニターご感想④

グラウンディングコーチモニターセッションの感想をいただきました。 グラウンディングコーチをすることになると、必然的にしっかり自分自身が 深くグラウンディングする必要があるので、自分自身がとてもいい感じになります。 そんな面も私がグラウンディン…

出る杭は、堂々と出たら打たれない

私を特別扱いして~という欲求の強い人には きっと理解しがたいことなんだろうけど 私の中には 「特別扱いされたくない!」 という気持ちがあることに気がつきました。 なぜか… それは…今までしょっちゅう… 特別扱いされてきたからです! 自分でもなんでか知…

グラウンディングコーチ♡モニターご感想③

グラウンディングコーチモニターセッションご感想♡③ こうしてご感想をいただけると、じんわり喜び胸の内に広がるのを感じます。 グラウンディングコーチセッションのモニター募集を近日中に発表しますのでお楽しみに✨ 【グラウンディングコーチ感想】 今日は…

グラウンディングコーチ♡モニターご感想①&②

そういえばグラウンディングコーチのモニターセッションをして ご感想をいただいたのに紹介するのを忘れていました! 私にとって「グラウンディング」というスキルは在り方の土台として ものすごく重要なことだと思っています。 どんなことをする人にとって…

これでいいのだ

しばらくスピプロの余韻に浸っていて 伝えたいことがたくさんありすぎて アウトプットが追いつかない私。 以前だったらここで「早く書かなきゃ」とか 「書けない私ってなんてダメなの」とセルフバッシングして さらにこわばって動けないまま放置、みたいなこ…

スピプロ修了しましたー!

とうとう修了しました。 4月から通い始めた本郷綜海さんの「スピリチュアル・プロフェッショナル養成コース」 「スピリチュアルな仕事のプロフェッショナルになるための講座」なわけでもなくて その枠に収まりきらないくらいの愛と変容と情熱と出会いと癒し…

トンネル抜けて③

トンネル抜けて②からの続きです。 私は「ヒーラーになりたい」と思ったことが今まで一度もなかった。 しかも「敏腕」って…綜海さん級のヒーラーってことらしい。 なんでやねーん。知らんがな。 だけど、そうだった!と思い出している自分もいた。 私、サイキ…

トンネル抜けて②

次の日、起きても気分は優れないままだけどスピプロが終了するまでにどうしてもHPを リニューアルしたかったので、その内容を詰めたりしていた。 夫も手伝ってくれるという。 なんとか色々な作業を終わらせて 夫は仕事へ行き私は一人に。 まだまだやることが…

トンネル抜けて①

通っているスピプロのいよいよ最終講義が近づいてきて facebookに友たちの課題シェアが上がってきているのを見て しまった今回課題まだやってない!シェアする人誰か見つけなきゃ。 と思って同じ関西在住者のみっちゃんが募集しているのが目について 京都で…

From NY

NY

つい数日前、母からメールで 「オレスタさんから返事きました!元気でNYにいるみたい」 という返事が来ました。 頭から「!」が飛び出るくらい驚いて嬉しい気持ちになりました。 だって、だってね! 私も母も「オレスタさん、今頃どうしてるかね?」ってたま…

歌って踊った@綜海さんのライブ&トークショー

六月八日、今通っているスピプロ主催の本郷綜海さんが 「トーク&ライブ 私たちは自由だ! 生き方を選ぶ」 というイベントを渋谷でするとのことで エンヤートット合唱団の一員として参加してきました。 綜海さんのオリジナルソング「帰還」の歌詞を覚えてい…

ライブペインティング@へっぽこ音楽祭③

音楽家の片岡祐介さんが「へっぽこ音楽祭」の最後の 「祐一郎手作り楽器セッション」の時の様子をダイジェスト的に まとめてくれた映像があります。 こんな感じ へっぽこ音楽祭 セッション 京都には「売れまくって何が何でもメジャーデビューしよう」という…

ライブペインティング@へっぽこ音楽祭②

「へっぽこ音楽祭」はゆきさんとゆういちろうくんが主催&企画したイベントで 「上手な人、日頃ギャラ貰ってる人は出演不可。下手でも音楽を楽しんでいる人や、プロのミュージシャンの場合は専門外の表現で出演する」というコンセプトのライブイベントです。…

ライブペインティング@へっぽこ音楽祭①

6月4日は「へっぽこ音楽祭」@ケパサキにて ライブペインティングさせてもらいました。 急に参加希望したのに 快く受け入れてもらって 本当にありがたかった。 どの出演者も、その人にしかない音色を放っていて リズムもそれぞれですごく面白かったし 泣き…

あきらめなかった

甘夏ハウスで食器を片付けていたら 棚の隙間から細いねぎみたいなものが見えたので 「あれ?私、こんなところに細ねぎ落としてたのかな?」 と思って、拾ってみたら、小さい玉ねぎでした。 小さな干からびた埃まみれの玉ねぎは 去年、もらった玉ねぎの種類だ…

ほんとうの ひとりぼっち

孤独っていうと、どんなイメージがありますか? 孤独って、寂しい? 孤独って、辛い? 孤独って、悲しい? 本当の本当に一人っきりになったことって そもそもありましたか? だーれもいなくて 一人ぼっちで 真っ暗で 月の明かりさえ微かで 右手には真っ黒に…

わたしは、わたしの

私が見ている世界のことを 私はだれにも話せたことがなかった。 いつだって気持ちがいっぱいになってしまって うまく言葉にできなかった。 どうしたら伝えられるんだろうって ずっと思ってた。 どうしたら私が見ているこの世界の美しいあり方を 伝えられるん…

ひとりコントみたい

自分のことは誰にも理解されない と思っていました。 ほんの数名の親友がいればいいやって思っていました。 孤独だな、だけど心地よい、と思っていました。 でもそれは、単純に、自分のことを 理解してもらおうとしていなかった わかってもらおうとしていな…

三十五年ぶり二度目

友達の片岡由紀さんと息子の祐一郎くんが企画・主催している 「へっぽこ音楽祭」にて この人生で三十五年ぶり二度目の!! ライブペインティングで参加させてもらうことになりました!! わ~!!!!! 「へっぽこ音楽祭」とは 「上手な人、日頃ギャラ貰っ…

木と仲良し

私には、とても大好きな木がいる。 長く生きてきた木は長老だったりする。 ずっとこの街を見てきたんだね。 ずっとこの場所を見守ってきたんだね。 表参道のケヤキ並木の長老たちは ずっと、ずっとあそこで、あの街を見てきた。 いろんなことがあった。 ずっ…

あまなつだれでも食堂の報告書ができた!!!

わたしは二〇一六年の二月から仲間たちと「こども食堂のようなファミごはん」を始めた。 経緯についてはこちらの武蔵野美術大学校友会会報誌ムサビマガジンに載っている 「わたしのつくること、生きること」というエッセーをご覧ください。 それで、一年が経…

あまなつだれでも食堂を一年間やってみた感想

一年間やってみた感想 なっちゃんの書いてくれたことにも、かなづが書いてくれたことにも、1ミリの違和感もなく同感だなあって思って だから私が書くまでもないかなって思うけれど、私なりに一年振り返ってみます。 とりあえずやってみよう!ってやってみて…

生存確認

こないだ「ドアの向こうに見えたもの」という文章を書いたのだけど 書いた翌日、母とランチを一緒にすることになり 私「ねえ、オレスタさんて、どうしてるんだろ?」 母「どうしてるんだろうね?死んじゃってるんじゃない?」 私「そうかな。オレスタさんの…

アーティストって、何かね?

アーティストって何だろうね? 日本で肩書きとして名乗るときちょっと気恥ずかしく感じてしまうのは 私だけだろうか? そしてそれはなぜなんだろうか? アートとは? そもそも神の道具、通り道のことである。 神という概念は、または大いなる意志、または偉…

言葉で伝えようとすること②

言葉で伝えようとすること①に続く感じで書いています。 昨年、森田雄三演劇ワークショップに参加した時のこと。 雄三さんが「ゴチャゴチャ言わなくていいから、あなた不思議なものが視えちゃう感覚の子なんだから」と言いました。 私が、過剰に説明しようと…

言葉で伝えようとすること①

「愛すると失う」というセットをどうしてこんなに意識してしまっているのかについては前々回に書きました。 私は愛する父と会う機会を失い、父がプレゼントしてくれたぬいぐるみとかも失った。 そして、何一つ父にちゃんと伝えることもできずにただただ泣い…

ドアの向こうにみえたもの

ドアの向こうに見えたもの 私が参加している「スピリチュアル・プロフェッショナル養成コース(はづき語で言うと:自分の本質につながって自分の本当にやりたかったことを仕事にするための講座。講師:本郷綜海)」が開催され昨晩遅くに帰宅しました。 内容…

愛と恐れはどうしてセットに?

前回に書いたものを読んでみるとなぜ「愛する」と「失う」がセットで認識されているのか?と思う。 私は、父と幼い頃に生き別れている経験が大きく影響していることにある時気付いた。 両親の離婚に、正直言って子は無関係だ。 例え不仲だろうと不倫だろうと…