この美しさをなぞりたい

林 葉月が見た世界、描き記す絵と言葉

消化不良の感情がからだのどこかに

 

私、自分の体のことを外側から内側から、ほぼ癖かのように結構、常に観察してきたんですね。
だからジムに通った時なんかは、自分の肉体についてどこがどうなっていてどういう動きの癖があってどう改善したくて来たかの詳細を語れるのでトレーナーに驚かれたりしていました。人を見るとき例えばサッカーの試合で選手だとか、たまたまテレビで見たフィギュアスケートの選手とか、あるいは歌を歌う人であるとかの体つきを観察して分析する癖があって。骨格や筋肉のつき方とかエネルギーの通り具合とかをじっと見入ってしまうんですね。結構すごく売れてる歌手とか、アスリート選手の体はやはり目に見える意味でも見えない意味でもいい塩梅のバランスだったり抜けの良さだったりするので、見ているだけで気持ちいい。やっぱり体の使い方もプロなので。さらに舞踏家とかになるとその肉体の在り方の美しさに加えて、その在り方の意図が伝わってきたりするのでそこにも感動して涙が出ます。

それで私の場合、長年…そうだな二十年以上、なんか気になるけど鏡を見て自分で意識して矯正しようとしても全然直らない箇所があったんです。わかっちゃいるけど、どうしたらいい塩梅になるのかまではわからないという状態が続いていて、もうこういうものなのかな?私の体…と思ってきたんですね。

で、今三ヶ月間の「スピリチュアル・プロフェッショナル養成コース(はづき語で言うと:自分の本質につながって自分の本当にやりたかったことを仕事にするための講座。講師:本郷綜海)」というものを受講している最中なんですけれども、これに参加する!と決意して家族にも話して入金してっていうプロセスを踏んだだけで、自分の中にあった古い精神的な傷というものが浮上してきたんですね。例えば
「私にはそんな価値はない」
「私なんかどうせ愛されていない」
「私って何をやってもダメだ」
「私なんて結局やるやる詐欺だ」
いざ自分の本心、芯の部分、魂とでも言ったらいいのか?そこにグッと本気コミットしただけなのに、いつどこでのものかハッキリしないものも含めて消化不良の感情がグワングワン湧いてくるわけです。そしてばーばー泣きました。どおおおおおって感じで嗚咽することもあって。それで泣ききって目を腫らしてフニャっとなって立ち上がると…
あれれ?立った時の内側の感覚も、立った時の重心や骨格の感覚も、変わっていました。
つまりこれはどういうことかというと、体の中のどこかに消化不良の感情が留まっていて、それが顕在化したことで流れて出ていったら、留めておくために必要としていた力が抜けて解放された、ということなんですね。なのでスッと楽に立てたしフッと軽く感じるし、フニャっと気が抜けていい感じになっていたわけです。ま、なんつーか、これが癒しってやつ、なんすわ。めっちゃ激しいエネルギーの動きが起きているので、まあ当然疲れるし水ごくごく飲みたくなるし(エネルギーも新陳代謝して浄化するから)そこに至るまでの間にごっつい抵抗なんかも出てきたりします。変わらないでそのままであり続けることもある意味で楽だしそうやってある状態をずっと保とうとする性質も私たちの体や精神にはありますね現状維持装置みたいな感じで。
つい数日前も、これまた長年書けないままでいた「プロフィール」というものを書こうとしたら抵抗がすごくありまくって、あらやだ引っかかる…と思ってグラウンディング(はづき語:自分のからだの中に自分の意識をみっちりすっぽり住まわせること)をしてちゃんと感じることを意図したら…十八歳、大学受験の時に本当は受かったデザイン学科を蹴って絵描きになりたくて母に「やっぱり浪人して来年もう一度受け直したい。絵描きになりたい。」と言ったら「絵描きなんか食っていけない」と言われ鵜呑みにし妥協し唯一受かったデザイン学科に行くことにした時の悲しみが出てきたんですね。他にも別の機会(前に受けたbody&soul境先生の講座)で、初めてセックスした時に相手がアーティストぶってカッコつけて私を大切に扱わなかった時にそれを受け入れてしまった時の悲しみが子宮から出てきたりもしました。こういうことって普段はすっかり忘れているんですけれど、肉体のどこかに消化不良の記憶として手放せずに残ってしまうんですよね。それで、これらの自己存在を揺るがすような記憶が癒された時に体の中の骨、肉、筋などの編成が変化します。最近のこれらの件では、まず骨盤の前後傾きの角度が変わり、そのことで立った時の力の入る位置や骨を支えている筋肉の力配分とかも変わって、鏡を見ると長年どうしても意識的に力を入れたりして矯正しようとしてもできないままでいた部分が、スッと直っていました。立った時の体感も違うし、今までどうしても力が入らなかったポイントに自然に力が入るようになっていたり。ホント人体って不思議ですね…。
そんなわけで、ちょっと濃いめの「からだ」と「見えないけどあるもの」カテゴリーな記事になりましたとさ。よっこいしょ。 

f:id:add-coco:20170508022146j:plain